忍者ブログ

日々響く日々

闇は光にかき消され

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

闇は光にかき消され

サザエがじゃぱんに去って以来、
シンジ君はすっかり壊れてしまった。

サザエに自分の連絡先を消去してくれと言ったくせに
翌日には「サザエの声が聞きたい!」
わたしにつなぐように言って泣く。

さすがに連日電話と訪問で疲れた。

昨夜はスピーチコンテストに出る学生の練習してて、
テーマがAIなんだけど、
「もうさ、ほかの大学の代表レベル高すぎるからさ
おもしろさ狙っていこうよ。
この大学が勝てるところなんておもしろさだけじゃん」
そう言って、AIの物まねとかやらせながら
大爆笑で盛り上がってたんだけど、
シンジ君が大荷物を持って登場。

全部サザエからもらったものらしい。

それを捨てるのではなく、ダンボールに入れて
この部屋に置いてくれという。

まあ部屋は余ってるから別にいいんだけども

で、ほかの学生もいるし、すぐ帰るのかと思いきや
部屋の隅にじっとしていて帰らない。

しまいにはその学生にも自分の恋の悩みを話す。
誰でもいいからとにかく話したいのだ。

まあ連日こんな感じで夜になると特に症状がひどく
自分を責め続け泣きわめく。
それが延々と続く。

自分も辛い時感情吐き散らして
他人の大事な時間を奪ってきたんだなぁと
因果応報的なものを感じながら
シンジ君の相手をしている。



シンジ君は、サザエに買ってもらったものを見るのがつらいと泣いた。
親も誰も自分にしてくれなかったことをサザエはしてくれたという。
留学面接の前に靴を買ってくれた、それが自分には特別で・・・
と泣いたシンジ君を見て、胸が詰まる思いがした。

サザエは裕福な家で当たり前のように親になんでも買い与えられて
全肯定されて、すくすくと育ってきた。

だからこそ、サザエにはどうしてもシンジ君の気持ちはわからない。

金がない苦労を知らない人間は、なんでも金で解決できる余裕があるから
本当にお金がないときの恐怖や誰にも頼れない不安を知らない。

親に全肯定されて育ってきた人間は、周りに否定され続けて
自己肯定感をもつことができず苦しむ苦労を知らない。

だから簡単に「がんばればだいじょうぶ」とか
「二人でいっしょにがんばろう」とか言える。

その言葉はまっすぐで正しい。

でも正しいことは時には人を追い詰める。

わかっているけど、できない、できない自分を責める…このループ。

サザエの母親もお嬢様でシンジ君の家庭環境は決して理解できない。
当然サザエも。

じゃぱんに行ったサザエは
「じゃぱん人はみんな礼儀正しいですね!だから悪い人はいません」
と本気で言っちゃう子。

礼儀正しい詐欺師がどれほどいるか。
好印象すぎる人間ほど怪しいだろ。
そんな考えが微塵もない。

サザエは太陽だったし、その明るさにシンジ君は救われたけど
でもそれと同時に眩しすぎて辛かったんだと思う。
だから時々闇の中にそっと紛れて夜に息を潜めたかった。
でもサザエにはその心理は決してわからない。

「明るい方がいいに決まってます」
屈託なくそう言っちゃう子。

極端なポジティブは極端なネガティブと同じぐらい厄介だ。
だから世間はベッキーの不倫のときにここぞとばかりに叩いたわけである。
これが不倫略奪愛ばかりの椎名林檎様なら何も叩かれやしない。

サザエはシンジ君に未来の保証を求めたが
大事だったのは今のシンジ君のありのままを
受け入れてやることじゃなかったのか?

シンジ君は変わりたいと思っているし
このままでいいとは思っていない。
だけどどうしてもできない自分に苛立っている。

昨日スピーチできてた学生が帰ったとき、
21時だしシンジ君も帰るかと思ったら帰らない。
さすがにやることもあるし
「仕事するから」と言ったが
「ごめんなさい!ぼくは先生の仕事のじゃまをしている!」
と言って、その場にうずくまり泣きじゃくる。

ああ、泣きたかったのか。

ここは本当にひとりで泣ける場所もないからな。

ルームメイトはいい人たちで
特に班長の熊楠くんは彼を気にかけてくれてるのだけど、
この熊楠もまたお坊ちゃまというか健全に育ってる。

今シンジくんは姉のこどものお祝いで帰省してるんだけど
「こどもを見ればきっと気分もよくなります」
とさもあたりまえのことのように言う。

そのお姉さんに「おまえのせいで家族みんな不幸だ」
シンジくんは言われているし、
子どもができてからいっそうお姉さんは冷たくなったというけどね。

サザエは
「シンジ君の親はお姉さんが結婚するときお金を全部あげました。
シンジ君にあげるお金を残しませんでした。
ふつう男の子にお金をあげます。とても変です」
と言っていたけれど、
家の全財産かきあつめなきゃ嫁に出す娘に世間体を取り繕えるぐらいの
十分な金を持たせられないんだろう。
また、老後の世話はシンジ君は無理とふんで姉さんに託してもいるんだろう。

サザエの無邪気な発言は
どれも金のある家の子の発言で、
このことからもわかるように、
サザエには決してシンジ君の根底にある苦しみは理解できないのだ。

シンジ君は夏休みサザエの家に行って、
その裕福っぷりに自分の家を恥じ、
ただでさえ他人の目が気になる性格も災いして
サザエの親に自分はどう映るのかを気に病んだ。

そして偶然みてしまったサザエの母親のチャット・・・

そして一気に自分の中のコンプレックスが炸裂。
止まらない自己嫌悪、自己否定、トラウマ暴走。

病気の再発・・・

本人は鬱といってるけど、あんなにアグレッシブな欝がいるのか?

何もできないと言いながらも
サザエの荷物まとめたり、病院に行ったり
行動力はあるように思うんだけど。

元旦那はシンジ君はセロトニン不足だと言った。

幼少期の家庭環境が原因でセロトニンが著しく減ったんだろうと。

セロトニンが減ると自殺願望も出るようで
自分は長生きしないという判断から
生命維持より繁殖行動に走るそうで
性欲が強くなるらしい。

な~るほど~


いちいち納得。

なんにしてもふたりのことはもうしかたないことだ。

サザエは今もシンジ君が好きだけど
未来の保証が得られないことで彼に失望してしまった。

でも寂しいんだろうなぁ。

毎日わたしに連絡くる。
晩ご飯の時とか、寮の二段ベットのところで食べながら、
今日はこれ作りましたとかこれ買いましたとか。

ルームメイトとはまだ打ち解けてはいないようだ。

ジョも和歌山のホテルに出稼ぎに言ってる時
ごはんの時間にやはり電話してきた。
カメラで食べてる自分をうつし、私と話しながら食べる。
ひとりでごはん食べるのが寂しかったんだろう。

いまのサザエと同じ。

シンジ君は今地元に帰っている。
病院に行ったらしい。
じゃぱんとちがってこの仰々しさ。


こりゃ気軽に行ける雰囲気じゃない。

シンジ君が
「ぼくはまたここに戻ってきてしまった・・・」
と、まるで刑務所に入るかのように大げさにいうのもわからなくもない。

今度の先生はいい先生らしいし薬ももらったらしいけど
効果がすぐには出ないようで
毎朝4時ぐらいになると、シンジ君からメッセージが入ってる。
朝起きてみると
「こわい」
「心臓がずきずき」
「吐き気がする」
こんな感じの言葉が並んでいるのが目に入る。

なぜか毎朝四時ぐらいに目が覚めて、
世界に自分が一人だけのような恐怖に駆られるらしい。

しかしそれにしてもやはり
心の状態が一番大事だなぁ。

健全な環境で育つということが大事だ。

親がいつでも正しいわけじゃない。
場当たり的に働いてしかこなかった親が
金がないのを子供のせいにするのを見て
シンジ君は疑問を感じてきた。

自分はしっかり学歴をつけて安定した収入を得たいと願った。
そのための努力もしたし、
日本語科でたった一人しか行けない希望の大学への留学面接にも受かった。

それでも親は「稼ぎもしない役立たずが!」と彼を批難する。

心配はするけど信頼はしない

だからあんなに自信がない。
容姿にも恵まれ、能力も高いし、努力もするのに
自分に自信がない。
親が彼を評価してこなかったからだ。

だいじょうぶだと信じてあげなかったからだ。

この家庭環境からくるシンジ君の心の闇は
サザエには絶対に理解できない。

悲しいことに闇の中では光は見えるが
光の中では闇はかき消されてしまう。

サザエはシンジ君は逃げてばかりで何もしないというけれど、
シンジ君なりに戦っている。
このままでいいとは思ってない。

ただ今は立ち上がるエネルギーもない。
立ち上がれない人間に歩けって言っても無理。
まずは立つところ、そこから。

サザエも恋人関係じゃなければシンジ君が心を回復させていくのを
待てたかもしれないけれどね。

最近、授業で「慰める・励ます」の練習をしているんだけど、
シンジ君の授業では中島みゆきの「時代」を聴かせた。
シンジ君のために。

古いけれど名曲だと思う。

わたしも辛くてどん底の気分の時繰り返し口ずさんだ。

年を取れば取るほどぐっとくる歌詞だと思う。


中島みゆき「時代」

现在是如此的伤痛欲绝,(いま)はこんなに悲(かな)しくて
眼泪也早已流乾了,(なみだ)も枯(か)れ果(は)てて
大概再没有机会有展现笑容的时候了。
もう二度(にど)と笑颜(えがお)にはなれそうもないけど

但是有一天一定能够坦开心对人讲:そんな時代(じだい)もあったねと
我曾经经历过那样子的时代。いつか話せる日が来るわ
相信一定能够笑著脸对人说:あんな時代もあったねと
曾经有过那种时代的呢。きっと笑(わら)って話せるわ
所以现在先收起软弱难过的情绪,だから 今日はくよくよしないで
一心享受现前迎面吹来的暖风吧。今日の風(かぜ)に吹(ふ)かれましょう

转变著;转变著,时代不断转变著,まわるまわるよ時代はまわる
一直重复著悲欢离合这出戏,(よろこ)び悲(かな)しみくり返(かえ)
大家看今天分手了的情侣们,今日は别(わか)れた恋人(こいびと)たちも
终究能摆脱过去,重新来段另一场邂逅。 (う)まれ変(か)わってめぐりあうよ

漂泊无依流浪他乡的人们,(たび)を続ける人々は
总是寄望有一天能回到家乡。いつか故郷(こきょう)に出逢(であ)う日を)
就算今晚一时不支倒了下来,たとえ今夜(こんや)は倒(たお)れても
仍然如此坚信著推门而出。きっと信じてドアを出る
假使今天外头等著我的,たとえ今日は果てしもなく
是场无止境的雨也不再退缩了。冷たい雨が降っていても

轮替著;轮替著,时代不停轮替著,めぐるめぐるよ時代は巡(めぐ)
重复著分分合合这出戏。別れと出逢(であ)いをくり返し
今天不支倒地的游子们,今日は倒(たお)れた旅人(たびびと)たちも
总有洗心革面重新出发的一刻。生まれ変って歩きだすよ

大学生ぐらいじゃまだまだ響かないか















PR

コメント

プロフィール

HN:
倫子
性別:
非公開

最新記事

P R