忍者ブログ

日々響く日々

緑髪女子

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緑髪女子

向かいはバングラデシュ人の先生が住んでいる。
そしてバングラデシュの学生たちがいつも来る。
今夜はパーティーなんだろうか。
ひっきりなしに人が出入りするせいか
ドアが開けっ放し。

あまりにもうるさいので
向かいの先生に
中国語から英語翻訳かけて英語で
「彼らをだまらせてくれ」
「ドアをしめてください」
とメッセージを送ったら、
すぐに「sorry」と返事がきて、
一瞬ドアしまったけど
その後さらに大勢来た上に
出入り激しくて効果無い。

そしてあの緑髪女が・・・。

この緑髪女子は英語科の学生で
かなり変わった不思議ちゃん。

とにかく外人の先生が大好きで、
英語の先生にいつもべったりだ。

ポジさんにもべったりだったんだけど
わたしはこの娘が好きじゃない。

なぜなら何度こっちが中国語で話してくれと言っても
「オーマイゴッド!あたしすぐ英語になっちゃうの(英語)」
言って絶対英語を話すからだ。

しかもシリア人の先生みたいに綺麗な英語ならいいけれど
こいつの英語何言ってるかわからん。

前にポジさんちで、
エスペラントの友ウヌーアのお別れパーティーをやってるときも
こやつが南アフリカの英語の先生と乱入してきてずっと英語。
その時いた学生たちはみんな英語わからない。
委員長もいたし、ふつうに中国語で話してくれれば
ふつうに通訳もしてくれるし、むしろ英語よりわたしはわかる。
こいつが英語で話す意味がわからない。

少し前、英語勉強しようと思って
ポジさんに誘われて英語の先生たちと
フリートークができる英語コーナーに行ってきたけど
ポジさんグループにはこの緑髪がいて、
ほかの子が質問されてても
こいつが全部答えてしまって、考える時間も与えない。

わたしは授業中にこういった学生は必ず黙らせている。
答えを悩む時間も大事な学習時間だからだ。
ポジさんにもこいつ黙らせろと言ったんだけど
ポジさん言うには、ほかの先生たちもいつも注意するけど
どうしても直らないらしい。

しかもこの緑髪女子、
夏休み、ポジさんが留守の間、
植物の水やりを頼まれて鍵預かってたらしいんだけど
二ヶ月間、ポジさんがいないのをいいことに
勝手に部屋に住み着き、シャワーもベッドも好きに使うわ
挙句の果ては友達呼んでホームパーティー。

ポジさんが帰ってきたら、
シャワーのところには髪が散乱してるし
ベッドも汚かったという。

ポジさんはすぐに鍵を変えたらしいけど
それでもまだ緑髪とは交流がある。

わたしが「あいつ、嫌いだ。図々しい。
なんで勝手に部屋使われてたのに怒らないんだ」と言っても
ポジさんは「彼女は活発で個性的な子なんだ」と言ってかばう。

「あたしには食べ物が必要なの」(こういう言い方らしい)
とポジさんのところに来ては食べ物をたかり、
ポジさんが出かけるといっても
「あたしはここにいるから、あなたは出かければいいわ」
と言うらしい。

我が弟分ジョでもそこまで図々しくない。

こんな感じで緑髪は南アフリカの先生やポジさんにべったりだったが
最近は向かいのバングラデシュの先生の家に入り浸っている。

ある日、玲玉がうちに来ていた夜、
ドアがノックされ、緑髪とバングラデシュ人のイケメン学生登場。

うちの皿を五枚貸してほしいという。

「客が多いのか?」と聞くと、
「あなたたちが来るからよ」と緑髪。
「あ?もう飯なら食ったし、いかないけど?」
そう言うと、
「じゃ、皿はいらない」と言って出て行った。

先にこっちの都合を聞けよ!!!!!

で、そのあと今度は緑髪が一人で来た。

玲玉の連絡先を教えてほしいという。
「なんで?」と私が聞くと
「やさしそうだから」という理由。
隣で玲玉が快くOKしたので、その場では何も言わなかったが
一応ポジさんち荒らした件などは教えておいた。
でも結局何も連絡はこないらしい。
なぜ連絡先を聞いたのかは謎。

玲玉は
「きっとあのバングラデシュの学生が
わたしの連絡先知りたかったのかも、アハ」
みたいなことを言っていたが、
残念、実はポジさんから聞いたが
緑髪は最近そのバングラデシュイケメンと付き合いだしたらしい。

つかほんと男の見る目がわからん!!!

客観的に見て玲玉の方が圧倒的にかわいい。
彼女が「彼わたしの連絡先聞きたいのかも」と言っても
全然許されるけれど、
緑髪はべつに可愛くないし太ってる。

でもポジさん曰く「彼女は魅力的」という。
まあたしかにいつもやたら露出度高い服着てるし、
太ってるというかグラマーといえなくはないし、
わたしも彼女の胸の谷間に目が釘付けになったりはする。

しかし、外人好きの女って一体なんなんだろう。
ちゃいな男子はやさしいぞ?
それとも相手にされないのか?

外人教師のパーティーにやたら参加したがるし
交流を求める緑髪。

ポジさんは「彼女は英語が話したくてしかたないんだよ」と言うが
英語よりむしろ中国語の方が通じるわたしにまで
英語でまくしたててくるのはちょっとちがうだろう。

ましてやわたしはフランス人のように
「英語で話しかけてくるんじゃねー!」
半ギレ言ったこともあるのに。

まあ、そんなわけで
わたしの英語嫌いはますます拍車をかけていて
奮起して行った英語コーナーも緑髪がうざくて
結局まだ一度しか行っていない。

彼女ともうひとり英語科の女子は
ほんとうにそれはもう毎日、一日何度も
向かいの家に遊びに来て、
ほとんどたまり場にしている。

そしてうるさい。

前にこの楼は韓国人留学生も住んでいて
毎晩パーティーでうるさかったけど
今は博士寮になろうとしてて
リーリーの旦那のほかにさらに博士が住むみたいで
部屋の改修工事をしている。

まあうちも人くればうるさいし
うるさく思ってることはメッセージでも伝わったろうし
あまりしつこくは向かいに苦情は言わなかった。

ただうちの前で
ずっと電話で大声で英語で話してる緑髪には腹が立ち
なんども「うるせー」と言いそうになった。

こんなにも緑髪が嫌いなのも
自分の英語コンプレックスも関係してるのかもしれない。

あと自分もエスペラントの師匠によく食べ物たかってたなぁとか。

実は英語の方が中国語より聞き取りができてることは多い。
何言ってるかはわりとわかる。
ただ使ってないので自分が話したい言葉がすぐに出てこない。

「Be quiet!」すら忘れていたし、
言われりゃ思い出すんだけど、
まっさきに出てくるのは「闭嘴!(だまれ)」
「くちばしを閉じろ」だからちゃいな語はおもしろい。
でもこれかなり乱暴で、わたしが授業中に学生だまらせるとき言ってたけど
「静かにしていただけませんか」的な穏やかな言い方はちゃんとある。
でも英語ではやはり出てこない。

まあある意味まちがっててもなんでも
あれだけ英語が口をついて出てくる緑髪はすごい。

英語を話してる自分が好きなんだろうな。

そこだけはうらやましく思う。

わたしは英語話しているときの外人っぷりみたいなの大嫌いだから。
オーマイゴッド!ホワット!みたいなオーバーなリアクション。

シリア人の先生みたいな静かでクリアな英語なら
とっても素敵だと思う。

バングラデシュの先生は私と交流したがるけれど
わたしはシリア人の先生と仲良くなりたい。
だけど残念ながらこの先生は一人が好きで
ほかの外教ともつるまない。

バングラデシュの先生は噂好きでゲスな話が好きなようで
リーリーの旦那やわたしの元旦那のことは、真面目でつまらないと言ってるらしい。
ゲス話が好きなわたしの方がたしかに仲良くなれそうだけど
緑髪も出入りしている今、遊びに行くのは嫌だなぁ。

PR

コメント

1. 無題

拝読しました。
いろんな人との出会いがあり、各自個性豊かで開放的で、想像しているだけで面白そうです。

地元紙で小生のオセアニア地区蝶展示が面河山岳博物館で開催中の記事が出てました。
11月9~10日、地元コミセンで小規模な文化祭があり、小規模に蝶標本展示します。

日々、有意義に過ごしてください。

プロフィール

HN:
倫子
性別:
非公開

最新記事

P R