忍者ブログ

日々響く日々

シンジ君とサザエちゃん1

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シンジ君とサザエちゃん1

シンジ君(仮名)とサザエちゃん(仮名)の始まりは約一年前。
二人とも日本語科だけど、サザエちゃんの方が一つ先輩。

サザエちゃんのことは一年生の頃から知っているけど、
まさかこの子が恋をするなど思いもしなかった。
食べることと噂話が大好きで
ともだちとおいしいものを食べに行くのが大好きだった
サザエちゃん。

シンジ君は背も高くてイケメン。
私がサザエのために二年と三年の合同授業をやってやったり
借り物競争でイケメンを借りてこいと言って
きっかけを作ってやろうとしたけれど、
サザエは一昔前の少女漫画みたいに
恥ずかしがって逃げたり、電柱にしがみついたりしていた。

が、ある日、サザエは勇気を出して彼を夜の散歩に誘った。

そしたら意外なことに、気があって
ともだちみたいになって、
憧れの彼は王子様から現実のともだちになった。

シンジ君もほがらかで明るいサザエに惹かれはじめていった。

おもえばこの時期はよかった。

少女漫画でいうと、お互い好きだけど
まだ気持ちを確かめあうことができなくて
相手の気持ちを探りながらドキドキとぅくんな展開ですよ。

漫画的には一番おいしい展開、
いや現実でも一番楽しいときじゃなかろうか。

サザエはよく
今の中途半端な関係は生殺しだ、彼の気持ちがわからないと
言っていたが、
「サザエよ、友達以上恋人未満の今が一番楽しいんじゃ」
とアドバイスしてやったものだ。

果たしてその通りになったわけだけど
恋する気持ちは止められない。

結局また押せ押せサザエの積極的アプローチで
二人は晴れて彼氏と彼女になったのだ。

明るい家庭で育ち単純思考で陽性のサザエに対し
シンジ君はまんま碇シンジ君。
父親との対立関係、母親とのこじれた関係、
傷つきやすくて繊細で自己肯定感が低い。

お互い正反対だからこそ、強く惹かれあったのかもしれない。

シンジ君は過去にも恋の傷を抱えていたが
これが初めての彼氏、初めての恋のサザエは
とにかくシンジ君に夢中で
それまで仲が良かった友達もみんな彼女から離れていった。

正直わたしも、サザエは変わったなぁと思っていた。
もともとサザエはやさしい子で
私がぎっくり腰で動けなかったときも、
授業をさぼってまですぐ駆けつけてくれたような子だ。

そのサザエが連絡をしてもすぐに返事がこない、
いつも彼氏にべったり、
ダイエットだとかいってごはんも食べない・・・

ずいぶん変わったもんだと思ったし、
ともだちが離れていくのもよくわかると思った。

もともとサザエには日本留学の夢があり
当時の親友といっしょに某大学の留学面接を受けたことがある。
たった一人しか選ばれないこの面接にサザエは落ちた。

面接失敗の夜、サザエが寮に戻らず、
ルームメイトから連絡を受けた私は
彼女を探しにいって、保護したこともある。

その時のサザエは電飾風船を手にふらふら歩いていたが
うちに入れたとたん号泣し始めた。

六人で暮らす寮の部屋では泣くこともできない。
そのうちの一人は同じく面接を落ちた親友だ。
かといって、外も人が多い(ここがじゃぱんとちがうところ)。

泣きそうで外に出てきたけど泣けなくてふらふらしてたんだろう。

わたしにとってサザエは一年生の頃から
大きな人懐こい犬みたいなものだった。

単純で食べ物に弱くて(ここまではジョと同じ)
従順で忠実(ここがジョとちがう)。

でもその犬がまさかのメス犬だったとは!

ほんと女は男で変る。

そしてこの夏休み、二人に悲劇が待っていた。

つづく

PR

コメント

1. 無題

チャイナは高校までの規制が厳しいんで、男女とも恋人できると一気に一直線というか、もう勉強のやる気なくなりますよね。あの落差に驚きます。

Re:無題

いちゃつきぶりとかものすっごいですよね。
ちなみにこの大学、真冬の昼の醜態が動画で拡散され
一気に知名度あげたことあります。

プロフィール

HN:
倫子
性別:
非公開

最新記事

P R