忍者ブログ

日々響く日々

シンジ君とサザエちゃん5

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シンジ君とサザエちゃん5

なんだかこの連休はサザエと過ごしているなぁ。
今日はエスペラントの森に行く予定だったが
急にめんどくさくなってやめたし。
ポジさんには申し訳なかったけど。

いかん!わたしはほっといたらすぐ出不精になるのだ!
意識的に外出しなければ~!!!!

とはいっても
バスで20分のスーパーに行くことすらめんどくさいんだなぁ

さっきリーリーが太郎連れて遊びにきたけれども、
おまえ本当にどこにも行かねーなーと言われた。

まあなんだかんだ人は訪ねてくるので完全一人引きこもりって
わけではないんだけれども
いつ来てもいるからリーリーはもう「言ってもいいか?」すら聞かない。

で、昨日もサザエが突然来たんだけれども。

結局前回晩ご飯も食べずに飛び出していったサザエは
そのままシンジくんとホテルへ・・・。

夜中の二時までご飯も食べれず・・・

24時間デリバリーもあるから、シンジくんが
必死に食べ物探したらしい。

だ~から、おにぎりもってけと言ったのに。

しかしメンヘラは精力強いなーおい!

メンヘラと性欲は密接に関係するらしい。

で、翌朝ケロッと何事もなかったように
シンジくんは勉強するからとサザエを放置。

行き場がなくなってサザエがうちに来たというわけだ。

昨日と同じ服。
疲れきった様子。

サザエよ・・・本当にそれでいいのか?

つかだんだんシンジに腹たってきた。

今日も今日とて朝からシンジ君は勉強をしているという。
夜まで勉強するんだそうだ。

え?サザエが帰るのは今晩ですよ?

勉強ってなんだそれ。

サザエは今晩帰る予定だったけど
シンジ君がそんな感じだから、
帰る日を伸ばそうとしている。

おいおいおいおいおいおいおいおいおい

「彼は今逃げたい。しかたない」
って

たしかに問題から逃げるのはいいと言ったが
サザエから逃げるなよ。

別れる別れないの話に触れなくていいから
せめて何事もなかったように
二人で遊びに行くなり、
サザエと楽しい時間をすごして
彼女をじゃぱんに送り出してくれよ!

ほんと自分のことしか考えない男だな。
弱いんじゃなくてずるいんだよ。

わたしはシンジ君に
「今晩サザエが帰るね。二人でどこか行くの?」
とメッセージを送ったが無視。

都合が悪くなると無視かよ。

今までは少しは同情もしたもんだが、
正直腹が立っている。

サザエの母がシンジ君を悪く言ったから傷ついたとしつこいけれど、
悪口だけで済んでありがたいと思え。
私が親なら埋めるぞゴルァ!

まあこの先は見えている。

じゃぱんに行けばサザエは新生活を謳歌するにちがいない。
すでにいい感じの男子もいることを知っている。

それでもまだシンジ君が好きだというから
サザエが後悔が残らないように
今そうしたいならそれでいいと見守ってきた。

シンジよ、サザエがいつまでもおまえを好きだと思うなよ。
男は一度自分のことを好きだと言った女はいつまでも
自分のことを好きだとやらせてくれると思っているが
女は一度気持ちなくしたら後ろなんて振り返らないぞ。

それも含めて学ぶんだな。
シンジ君の大事な女友達も今のおいしいポジション失ったら
さっさと興味を失うだろう。

まあなんにしても、二人のことだ。
二人がいっしょにいられるのはあと一日。
それを勉強で潰すというのだから信じられないけど。

サザエ曰く、彼は「日常」を取り戻そうとしているとのこと。

いや、傍から見れば
やることやってすっきりしたから、
日常モードに切り替われたってだけのような気が。

いろんな意味でサザエのことをはけ口にしているって
思ってないんだろうなぁ。

留学前の準備もまだ全部してないし
これからしばらく家族と離れるというのに
六時間も立ちっぱなしで電車で帰ってきたサザエ。
朝も昼も夜もごはんも食べずにただシンジ君に逢いたくてきたのに。

いっしょにいるってそういうことじゃないじゃん。
同じ空間位いっしょにいるからそれでいいってことじゃないじゃん。
勉強しているシンジの横でただじっと犬のように待ってるだけの
サザエがかわいそうでならない。

それでも昼ごはんを食べに行くときとか、
ちょっとした休憩の合間だけでも自分を見てくれればと
けなげにサザエはそばにいる。

まあわたしにできることといえば
避妊指導ぐらいで、
これは以前からかなり厳しくシンジ君に注意している。
本当は付け方の指導までしたいぐらいだ。
こっちは保健体育の授業とかないんじゃないかってぐらい
多くの事件から学生の無知を感じる。
漫画知識すらないもんなー。
ほんと勉強しかしてきてないのかよ!ってぐらいひどい。

はっきりいって日本語の指導より大事なことと思っている。
じゃぱんに比べてちゃいなの大学生は
あまりにも無知すぎる。

だから男子学生には必ず言う。
一時の快楽で人生棒に振るな!と。

高校時代の勉強の抑圧がすごかったせいか
ちゃいなの大学生が恋愛に走るとまあすごい。

まさに自分を見失う。

しかしどろっどろになったもんだなぁ。

ちょっと前には私の好きな日本料理屋で
シンジ君とサザエのじゃぱんでの前途を祝してお祝いしたのに。


ここのオーナーはおそらくこのいなかで一番日本語がうまい。
高校時代から大学、仕事とじゃぱんに八年いたという。
刺身もさばけるし、ここの料理はじゃぱんそのもの。

でもそれがわかる人がいない。

親のところに戻るのが宿命のちゃいな人の例に漏れず、
オーナーは地元に戻ってきて
その時まずここの大学の日本語教師になるべく面接を受けたというが
あっさり断られる。

理由は学歴が足りないということ。
じゃぱんの大学卒業ってだけじゃダメだったらしい。
ここの日本語科の先生はみんなちゃいなの有名大学院卒とかだから。

でもはっきりいってここの先生たちの誰よりも
オーナーは日本語がうまいし、じゃぱんのこともよく知っている。
でもそれを判断できるだけの人がいなかったんだろう。
オーナーは、ちゃいな人特有の外国語なまりもないし
話し方もふるまいもじゃぱん人そのものなのに。

あれだけの逸材を学歴で落とすって意味わからん。

店もひいきにしてるのはじゃぱん人だけ。
新しいじゃぱん人の先生なんてもう常連だ。
このいなかじゃあの店が本格的じゃぱん料理ってことも判断できる人がいない。

ほんとこのいなかにいるのはもったいない人だなぁと思う。

つかここの日本語の先生も大学で働くようになってからの方が
もしかしてレベル下がってる?
時々日本語おかしいんだけど。
でも私なんかよりずっと学歴高くて優秀な方々だから
間違いを指摘しにくい。
かえってジョとか学生の方が
わたしにガンガン直されてるから日本語訂正の機会がある。
サザエの日本語もガンガン直してるけれど、
サザエの場合、そのたび落ち込む。

まちがいを指摘される方がいいと思うんだけどなぁ。
たくさん間違えて一時恥かいたと思うぐらいの言葉の方が覚える。

ただ
このように言語とかの勉強なら何がまちがいってはっきりいえるけど
恋愛ばかりはいえないもんだ。

シンジ君が勉強に逃げるのもわかる。

答えが明解だもの。

でもなぁ、シンジよ、
少しはサザエのための行動もしてくれよ。

サザエはすべてをシンジのために捧げてきたじゃん。
(それもよくないと思うんだけど)

勉強ってそれ自分のことじゃん?
少しぐらいサザエを優先させてもいいんじゃないの?
サザエはおまえのせいで
すべてのともだちを失ったし
家族よりも何よりも
おまえを優先してきたんだぞ。

まあこればっかりは一方だけが悪いとは言い切れないのだけれども。

あーあ、この店で四人でお祝いしたのは
先月末で最近のこと。

この時は、二人とも未来に希望があって
幸せいっぱいって感じだったのに。

サザエがじゃぱんに行くまであと三日。

とりあえず避妊以外はうるさく言うまい。

追記

今シンジ君から連絡

サザエは六日に帰ることにしたらしい。

ほんとギリギリだなぁ・・・。

まあサザエは金があるから準備不足でもなんとかなるか。

しかし女だなぁ・・・。

じゃぱんに行く前にせめて日本語もう少しがんばってほしかった。
そこはシンジ君といっしょに勉強するなりしろよと思う。

まあ連休にどこにも行かずに家でちゃいな語勉強している自分も
どうかと思うけどね・・・。

暗っ
PR

コメント

プロフィール

HN:
倫子
性別:
非公開

最新記事

P R