忍者ブログ

日々響く日々

復活!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

復活!

一人部屋をもった!
快適である!

久々に自分を取り戻した感覚だ。

人間執着がなくなると怖いものもなくなるものだ。

孤独というのは一人だからなるものではないとつくづく思う。

仕事を失う危機も感じたが、別に仕事はここでなくてもできる。
そして改めて思ったのは、この仕事が好きだということだ。

たまたま偶然ちゃいなの大学で日本語教師になったが、これが思いのほか楽しかった。

もともと人前で表現することや
言葉がわからなくても外人と交流することが得意だった自分にとって、
この仕事は向いていたんだと思う。

授業の時間は自分のやりたいことがそのままできるし、
そこで失敗しても自分だけの責任、自分で改良ができる。
人に使われているだけの仕事ではここまでの自由度はないだろう。
ライターの仕事とか自分の好き勝手にはできなかったが、
授業は好き勝手にできる。
作文を教えるときは自分の文章勉強にもなる。

何より学生たちがいたから、そこまで孤独でもなかった。

よく誤解されるのが、外国で話し相手もいなくて孤独だろうってこと。

別に孤独じゃない。

学生たちとはよく話すし親しい委員長には何でも話してる。
まあ彼らは四年で卒業してしまうから寂しいけれども
常に親しくなる学生はいるわけで、委員長とだって離れてててもいつもやりとりはしてる。

日本の友人たちともチャットなどできる。
WeChatさえやってもらえればLINEとほとんど変わらない。

夏は絶対父の携帯もこれができるようにしたい。
そしたらもっと連絡は取りやすくなるだろう。

最近のわたしは自分を楽しませることに努めている。

もう己を罰するのはやめた。

被害者のゲームにつきあわされるのももうごめんだ。

わたしはわたしをもっと大事にすると決めた。

そして自分で自分の面倒を見る。
自分が自分にしてもらう。

最近は授業の調子もいい。

明石家さんま師匠のバラエティ番組と思いながら授業してるので
順調に学生たちも芸人として育っている。

笑いが絶えない授業。

めずらしくアン先生にも褒められた。

そして新しくきた日本人の先生も私の授業をみるべきだと彼女は言う。

さあ、一か月放置した問題に向き合うときがきたぞ。

新しい先生が来てからすでに一か月。

今まで野放しにしていたけれど、
わたしに泣きついてきた学生たちを放置しておけない。

来週、まずわたしの授業に来てもらう。
それから新しい先生の授業に乗り込む。

通訳として委員長を連れて行く。
学生たちの不満を直接本人にぶつけてもらう。

新しくきた庭師に愛した庭を荒らされて憤っていたけど
問題はもうそんなことじゃない。
アン先生も言っているように、日本語を学ぶ学生たちへの影響が心配だ。

覚悟してろよ、
復活したわたしに怖いものなどない。

今までの学歴も経歴も知ったことか。
ここではわたしが先輩だ。
何が「試験のことは何もわかりません、教えてください」だ。
まずはめちゃくちゃな授業のやり方を見直してみろ。

初心者だからとかそういう問題じゃない。

まず人の話を聞け!!!!!

日本語の授業が一番楽しみだと言ってくれてた学生が
今や有用でないと言っている。
今日会った学生は泣きそうな顔で「つらい」と言った。

今まで放っておいてごめん。

余計な口出しはしたくなかったけど、
誰が言っても聞かないというなら
わたしが行くしかないだろう。

まあでも喧嘩にならないように気をつけよう。

優しすぎる委員長の日本語の通訳だと効かなさそうなんで
わたしがきっちり言い直させてもらうけど。

それぐらい、学生たちの不満は大きい。

そんなわけで待て次号!

PR

コメント

1. 無題

おう、元気そうになった。良かった。安心した。
頑張れよ!
色々、あって。大いに己と自問自答して日々過ごしてください。

Re:無題

いつも励ましありがとうございます。
相手は変わらないしまだなんの解決もしてないですが、
前に前に進もうと思います。悔やんでも過去には戻らないので。
報復が続く日々に終止符を打とうと思います。
大いに自問自答します。でもあまり深刻にはなりすぎないように。
「なんくるないさ~」←わたしも大好きな言葉です。

プロフィール

HN:
倫子
性別:
非公開

最新記事

P R